交通事故賠償金(保険金支払い)の3つの算定基準

同じ事故でも賠償金の支払い額は3通り!? 「保険金の支払いに3つの基準があるのはご存知ですか?
							弁護士基準、自賠責基準、任意保険基準と呼ばれます。」」 自賠責基準 弁護士基準 任意保険基準

3つの基準とは?

「①自賠責保険の基準」(最も低額) 被害者に最低額の保障をする強制保険の基準です。  「②任意保険の基準」(①と③の間)  保険会社が独自に作った賠償金額の基準です。  「③裁判の基準」(最も高額) 本来、受け取ることができる賠償額の基準です。「①自賠責保険の基準」 < 「②任意保険の基準」 < 「③裁判の基準」

 ①と③とを比べた場合、全く同じお怪我でも、受けられる賠償額は時として2倍以上の違いが生じます。
では、正しい賠償額とは①~③のどの基準をもとに考えればいいのでしょうか?答えは、「③裁判の基準」であると言えます。正しい賠償額は、本来「裁判所」しか決められないものだからです。

 さて、交通事故被害者になってしまった際に、相手方保険会社から「②任意保険の基準」(①と③の間)で示談提案を受けることになります。ここで注意が必要なのですが、相手方保険会社の示談提案は、最も低額な基準(「①自賠責保険基準」)に近いケースが少なくないということです。逆に、最初から「③裁判の基準」(適正な賠償額)で示談提案がされるケースをほとんど見ることはありません。 なにも「全て裁判をしなければならない」と言っている訳ではありません。正当に受けられる賠償金額を「知った」上で示談をするようにしなければ、後の祭りになってしまうことがあるのです。過去の裁判例の蓄積から「③裁判の基準」をお示しすることができます。交通事故被害者になってしまった場合、まずは「適正な賠償額を知ること」から始めて下さい。

 弁護士に依頼することで、保険会社と示談交渉をする際は、裁判所の基準を元に交渉をしますので、保険会社の提示額よりも高くなることが多く、当事務所でも依頼を受けてから3日で提示額が2倍になったケースもあります。適切な賠償金を受け取るためには、保険会社から示談の提示があった際、又は事前に専門家である弁護士にご相談されることをお勧めします。

無料相談のご予約はこちら 0166-73-6309 お電話受付時間 平日9:00~17:00 お電話の際には、「ホームページを見た」とお伝えください。 無料相談予約フォーム
このページの一番上へ