トップページ > お知らせ > 示談だから裁判基準の8割提案?

お知らせ

示談だから裁判基準の8割提案?

 
 弊所のHPでも説明していますが、一般的に交通事故賠償には3つの基準(「①自賠責基準」「②任意保険会社の基準」「③裁判基準」)があり、「③裁判基準」が適切な賠償金です。
 
 そして、交渉をしていると相手方から「③裁判基準」の「8割で!」と言われることが多々あります。ここ1年でも1度や2度のことではありません。
 「示談なのだから8割で当然だ」「示談なのに8割で飲まない弁護士なんて今まで担当したことがない」「8割で飲まないなんて非常識だ」などと言われたことも数知れず。
 さすがに非常識ということもないと思いますが…

 
 ちなみに私は、「示談」だから「8割で」という案に一度も乗ったことがありません。

 もちろん、訴訟リスクはいつも考えています。少し難しい話になりますが、訴訟上の争点がある場合、その争点を裁判にかけた場合の「訴訟リスク」を踏まえて交渉を行います。
 また、特に早期解決が必要な場合など、ご依頼人の要望があればそれを否定するつもりもありません。
 
 ですが、単に「示談」だから「8割で」には今後も応じるつもりはありません。

無料相談のご予約はこちら 0166-73-6309 お電話受付時間 平日9:00~17:00 お電話の際には、「ホームページを見た」とお伝えください。 無料相談予約フォーム
このページの一番上へ