トップページ > お知らせ > 死亡事故に関する慰謝料について

お知らせ

死亡事故に関する慰謝料について

 いわゆる「赤い本」の死亡慰謝料が被害者に有利に改訂されています。
 「赤い本」とは、財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部が発行する「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」のことで、裁判実務にも大きな影響がある文献です。
 具体的には、死亡慰謝料について、平成27年度版において「母親、配偶者 2400万円」であったところ、平成28年度版において「母親、配偶者 2500万円」とされており、被害者に有利な改訂となっています。
 また、「一家の支柱」「母親、配偶者」以外の方の死亡慰謝料についても、平成27年度版において「2000~2200万円」とされていましたが、「2000~2500万円」と改訂されました。これは、特に、お子様が被害に遭われた場合のご両親の悲嘆、精神的苦痛が極めて大きなものであることが理由とされています(赤い本下巻)。
 最新の情報について、ご依頼事件に反映させていきます。

無料相談のご予約はこちら 0166-73-6309 お電話受付時間 平日9:00~17:00 お電話の際には、「ホームページを見た」とお伝えください。 無料相談予約フォーム
このページの一番上へ