弁護士費用について

〝費用はすべて後払い″ 安心で明瞭な料金体系を設定しました。
弁護士費用特約あり 弁護士費用特約なし
相談料            無料※弁護士が相談継続必要と判断した場合には、2回目以降でも無料です
着手金            無料
報   酬 ご本人負担なし

※すべてご本人負担なしで事件処理できることが多くあります。初回無料相談の際にお尋ねください。

【示談提案なし】賠償金の10%+20万円
【示談提案あり】増額分の20%+20万円
実   費 訴訟手数料(収入印紙)
賠償に必要な検査・鑑定料など
  • ※ 消費税が別途加算されます。
  • ※ 弁護士費用特約を使っても次年度以降の保険等級は変わりません。
  • ※ 弁護士費用特約がある場合には、相談料を保険会社に請求します。(自己負担0円)
     この場合でも保険料は上がりません。(等級は下がりません)
  • ※ 法テラスの利用要件を満たす方は、法テラス制度を利用して相談料をご請求することがあります。
     (自己負担0円)

ご加入の自動車保険の弁護士費用特約を使って相談する場合

 弁護士費用特約がついている場合は、保険の限度額(一般的には300万円。ご自身の加入保険を確認してください)まで、保険会社が弁護士費用を支払ってくれます。また、弁護士費用特約を使用しても、自動車保険の保険料は上がりません(等級は下がりません)。

弁護士費用特約は、被害者救済にたいへん役立つ保険です

 弁護士費用特約は、単に弁護士に対する費用というだけではありません。事故状況を分析し再現する鑑定費用や、後遺障害認定に必要な検査費用、裁判の際に裁判所に納める印紙等の訴訟費用など、解決までのすべての費用をご負担なく進めることができる場合が多くあります。

 ぜひ、ご自身やご家族が加入している自動車保険や損害保険をご確認ください。ご自身が弁護士費用特約に加入されていなくても、ご家族が加入されていれば、弁護士費用特約を利用できる場合がございます。

 ご加入の保険に弁護士費用特約がついているか分からない場合もご相談ください。こちらでお調べすることができます。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

弁護士費用特約が使えるご家族の範囲

 弁護士費用特約のついている保険証券の「記名被保険者欄」に名前が記載されている方(=記名被保険者)と以下の間柄にある方は、弁護士費用特約が利用できます。
(保険会社により多少異なる場合があります)
・本人、配偶者、同居の親族、同居の配偶者の親族、別居の未婚の子など
また、以下の場合にも、弁護士費用特約が利用できることがあります。
・事故の際に乗っていた車の保険に弁護士費用特約がついていた場合
・本人又はご家族等が加入されている火災保険等に弁護士特約がついていた場合

例01 自分名義の保険には弁護士費用特約がついていなかった場合でも・・・

同居のご家族の弁護士費用特約が使えるかも・・・ 6親等以内の血族・3親等以内の婚族 同居しているご家族であれば、ご家族の保険も使用できます。 「対象」 おばあちゃん、おじいちゃん、いとこなど、両親など。 同居のご家族の保険を確認してみてください。

例02 事故時に同居している家族がいなかった場合でも・・・

別居のご両親の弁護士費用特約が使えるかも・・・ 別居のご家族 ご本人が未婚の場合に別居のご両親の保険が使用できます。 別居のご両親の保険を確認してみてください。
無料相談のご予約はこちら 0166-73-6309 お電話受付時間 平日9:00~17:00 お電話の際には、「ホームページを見た」とお伝えください。 無料相談予約フォーム
このページの一番上へ