大石法律事務所の交通事故に対する基本的な考え

交通事故では、たとえ自分が100%被害者であっても「当然」には補償されません

 交通事故被害に遭った方は、物損処理や治療のことなど、それまで負担してこなかった多くのこと、しかも初めて経験するようなことを、「突然」しかも「強制的」に負担させられることになります。 では、放っておいて現実に誰かが助けてくれて、適正な賠償がされるのか? 答えはNOです。理由は簡単です。放っておいたら「被害者側に立つ専門家」が関わる余地がないからです。 ここが交通事故の一つのポイントです。  「被害者」になった場合、窓口になるのは「加害者」の保険で、自分が「被害者」側の保険を使うわけではないということです。 そして、「相手方」はあくまで「相手方」。 相手方保険会社には被害者救済のモチベーションは働きません。 そうすると、放っておいたら「被害者」は置き去りです。治療は病院で受けられても、そのケガの補償については誰のチェックもはいりません。 過失割合についても、誰もチェックしてくれません。 専門的なチェックが入るとすれば、それは「相手方」の目線によるチェックでしかないのです。

交通事故被害者は「当然」「適切な補償」を受けるべきであることを確信する

 大石法律事務所は、交通事故被害者は「当然」「適切な補償」を受けるべきであることを確信しています。 「そんなこと当たり前じゃないか!」と怒られるかもしれませんが、上記の通り実際これは世の中の常識ではありません。すべての事故処理を見ることはできませんが、統計資料を見る限り、私たちが考える「適切な」賠償を受けられている被害者の割合は「半分以下」ではないかと思っています。 ただし、交通事故は、社会のみんなが車を利用する利益を受けたことによって生まれた「影」です。 人の生命・健康というアプリオリな(議論すら不要というような意味です)価値が侵害されることになるのですから、本来その「影」は到底受け入れられないものです。 せめて金銭的には「適切に補償」を受ける これは、当然に実現されなければならないと確信をしています。

受任のスタンス

 被害回復することの難しさを理解した上で、やはり「適切な補償」を受けることの必要性を確信し、それを実現する。 一方で、社会的不正義になることには絶対に加担をしない。 大石法律事務所ではそういった考えの元で受任しています。

無料相談のご予約はこちら 0166-73-6309 お電話受付時間 平日9:00~17:00 お電話の際には、「ホームページを見た」とお伝えください。 無料相談予約フォーム
このページの一番上へ