なぜ弁護士にすぐ相談・依頼するべきなのか?

 交通事故被害にあってしまったら、弁護士に相談するのが良いのは、まちがいありません。では、どのタイミングで相談すればよいのでしょうか?相談に行ってみたものの、弁護士から、「後遺症が確定してから」または「示談提案をうけてから」と、言われた・・・という方も、いらっしゃるかもしれません。しかし、大石法律事務所では、できるだけ早くご相談されることをお勧めしています。適切な賠償を受けるためには、その時々に被害者がしておくべきことがあり、後からでは、手遅れになってしまうこともあるためです。


 たとえば、すぐに現場の状況が変わってしまう雪道の事故では、状況を撮っておく。事故でケガをしてしまったにもかかわらず、病院に行かずに様子をみている期間をつくることのないよう、自己判断せず、すぐに病院で治療する。など、さまざまな場面でやるべきことがあります。

 また、事故後、病院での検査や治療、保険会社との対応を適切に行うことが、その後に受け取る賠償金に大きく影響します。しかし、交通事故の被害にあったのは初めて、という方がほとんどですから、どのように対応したらよいのか、よく分からないというのが実情ではないでしょうか。
 とくに、保険会社との対応には、注意が必要です。多くの交通事故案件を取り扱い、知識・経験もある加害者側の保険会社と、初めてのことばかりの被害者では、交通事故に関する情報量の格差が大きくあります。結果、被害者が、加害者側の保険会社のいう通りに従ってしまい、適正な補償を受けられない、ということになりかねません。一度示談してしまうと、内容を覆すことはとても困難です。
 


 大石法律事務所では、交通事故被害にあわれた方が、適正な補償を受けられるよう、できるだけ早い時期に、弁護士へ相談することが大切だと考えています。


 交通事故によって、後遺障害が残りそうな場合に、適切な検査を受けていなかったり、整形外科に定期的に通院していないことなどがあると、実際の後遺症に見合う後遺障害等級が認定されないおそれがあります。さらには、症状固定後の後遺障害診断書に書かれている内容によって、後遺障害が認定されるか否か、また、認定された場合でも、認定される等級に違いがでる場合があります。適正な後遺障害等級の認定を受けられた場合と、そうではない場合では、賠償金額に数百万円もの違いがでてしまうこともあるため、症状固定の前に、早めに相談することが重要です。


 事故直後からの、さまざまなタイミングで事故被害者がしておくべきことを知るだけでも、弁護士に相談する価値は十分にあります。交通事故被害者の被害回復に関する「能力」「経験」「知識」「意欲」のある大石法律事務所へぜひご相談ください。大石法律事務所では、交通事故被害者無料相談を行っています。お気軽にお問い合わせください。

このページの一番上へ